分数の掛け算は、なぜ分母同士・分子同士を書けるの?

分数の掛け算はなぜ分母同士・分子同士をかけると計算できるのでしょうか?

小学6年生向けに分かりやすい方法を教えていきます。

どんな計算も整数に直すことが基本

5年生までの勉強をおさらいすると、

分数×整数

分数÷整数

これは、勉強しています。

【分数×整数】【分数÷整数】の形にすれば計算できる!

今回の例では、2/5×3/4の計算を例にします。

【分数×整数】か【分数÷整数】にすれば計算できるので、

とにかく、後ろの分数(3/4)を整数にします。

3/4を整数にするには、分母と同じ数の4をかければ、整数になりますね。

3/4×4=3

でも、×4した分、元に戻さなくてはいけません。

だから、3/4×4の後に÷4をします。

つまり、(3/4×3)÷4の式になります。

世の中の「借りた物は返す」ルールは、計算の世界でも同じです。

整数に直して計算すると、分母同士・分子同士をかける計算が出てくる!

2/5×3/4の式と整数に直す式を合体させると、

2/5×(3/4×4)÷4

になります。

計算していくと、

 2/5×(3/4×4)÷4
=2/5×3÷4
=2×3/5÷4


=2×3/5×4


=6/20
約分して
=3/10

計算していくと、分母同士・分子同士をかける計算が出てきました!

だから分数×分数は、分母同士・分子同士をかけると計算ができるのです。

ちなみに、両方の分数を整数にしても、計算はできる

前の分数も整数に直しても、計算はできます。

2/5×3/4

2/5を整数にするには、分母と同じ数の5をかける。

3/4を整数にするには、分母と同じ数の4をかける。

5倍と4倍しているので、合計20倍していることになる。

だから、最後に÷20をいれると、借りた物を返す制度が出来上がる。

つまり、
 (2/5×5)×(3/4×4)÷20
=2×3÷20
=6÷20
=6/20
約分して
=3/10

このように答えが出ます。

でも、このやり方だと、分母同士・分子同士をかける計算が出てこないので、おまけで教えるのがオススメです。

まとめ

  • どんな計算も整数に直すことが基本
  • 【分数×整数】【分数÷整数】の形にすれば計算できる
  • 整数に直して計算すると、分母同士・分子同士をかける計算が出てくる

【大人気】無料YouTubeオンライン授業

できる子ども育成塾は、江戸川区小岩にある小学生の国語と算数に特化した学習塾です。
江戸川区小岩以外からも、新小岩・篠崎・瑞江・一之江・市川・本八幡にお住まいの方も通われています。

下のお問合せフォームよりお問合せください。
お急ぎの方は、こちらにご連絡ください。080-7278-1025

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  1. 【イメージする力が必要】算数文章問題の解き方

  2. 小学生算数 分度器の角度と目盛りの読み方・使い方

  3. 台形と平行四辺形の定義(ちがい)

  4. 分数と小数の比べ方(直し方/変換)- 教え方-計算方法

  5. 小数の割り算の筆算-教え方・やり方-なぜ小数を動かすのか

  6. 【速さ(時間)-小6】分数で表されている時間の直し方

  7. 円の面積の求め方(公式)の理由を小学生に教える方法

  8. 1Lは何cm3(平方センチメートル)?

  9. 小数のかけ算の筆算の時の小数点の位置

  10. 【11×109】工夫して計算 4・5・6年生

  11. わり算の筆算 書き方(書き順)を覚えよう

  12. 四捨五入して【上から1桁(2桁)の概数】にするやり方