小学生向け-逆算のやり方【掛け算】□を求める計算

□×2=10

□=10÷2

なぜ、こうなるのか?

小学生向けに【掛け算の逆算】について説明していきます。

目次

□×2=10→□=10÷2 なぜこうなるのか?

このような計算になる理由を説明していきます。

□×2=10

このような問題が出た時は、

□=

の形にしたいですよね。

つまり、□×2=10の式で

無くしたい部分を考えます!

□= にするんだから、

×2 を無くしたいですよね。

無くしたい部分を考えたら、

無くしたい部分の逆の式を元の式に入れます!

×2の逆は÷2

だから、

□×2÷2=10

でも、このままではダメです。

算数の式では、

イコールの左側と右側で同じことをする

という決まりがあります。

なので、□×2÷2=10の右側にも÷2をしなくてはいけません。

□×2÷2=10÷2

これを解くと、

□=10÷2

□=5

になりますよね。

2×□=10→□=10÷2 なぜこうなるの?

□×2=10

□=10÷2

□=5

でしたよね。

じゃあ、なぜ

2×□=10

この式も同じく

□=10÷2

□=5

このように求められるのでしょうか?

掛け算は、式を逆にしても答えは変わらない

□×2=10

2×□=10

の□を求める式が、どちらも □=10÷2

になるかというと、

掛け算は、式を逆にしても答えは変わらない

という決まりがあるからです。

3×5=15

5×3=15

このように答えは同じですよね。

つまり、2×□=10の

2×□を逆にすると、□×2になるから、

2×□=10は

□×2=10に式を変えることができる。

だから、□×2=10と同じやり方で□を求めることができる

というわけです。

足し算と掛け算は、式を逆にしても答えは同じ

せっかくなので、

足し算、引き算、掛け算、割り算

式を逆にすると、答えはどうなるのか

という表を作りました。

このように、

足し算と掛け算は、式を逆にしても答えは同じ

引き算とわり算は、式を逆にすると答えが変わる

なので、

足し算、掛け算の逆算のやり方は簡単ですが、

引き算、割り算の逆算は少し複雑なので、注意が必要です。

足し算、引き算、割り算の逆算のやり方は、

他の記事で解説していますので

そちらをご覧ください。

【大人気】塾長のYouTubeチャンネル『慶太の学校』

できる子ども育成塾の塾長が運営しているYouTubeチャンネル

この記事は「できる子ども育成塾」の塾長が書いています。
できる子ども育成塾は、江戸川区小岩にある元小学校教師が教える個別指導塾です。

入塾について、その他のご質問などは、下のお問合せフォームよりお送りください。
お電話でのお問い合わせをご希望の方は、こちらにご連絡ください。
080-7278-1025


    この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

    1. 台形と平行四辺形の定義(ちがい)

    2. 小学生向け-逆算のやり方【引き算】□を求める計算

    3. 【小5算数】単位量あたりの大きさ(人口密度)どちらが混んでい…

    4. 算数の文章問題が苦手な小学生のための教え方-動画説明あり

    5. 【距離と道のりの違い・意味】小学3年生算数の問題で出てくる

    6. 【小学生算数】分度器の角度と目盛りの読み方・使い方

    7. 小学生で算数の計算が苦手なのは、なぜなのか?

    8. 【11×109】工夫して計算 4・5・6年生

    9. わり算の筆算 書き方(書き順)を覚えよう

    10. 【速さ(時間)-小6】分数で表されている時間の直し方

    11. 【小3わり算】2桁÷1桁の教え方

    12. 三角形の外の角度の求め方