小数のかけ算の筆算の時の小数点の位置

小数のかけ算をやると、子どもからこんな質問が絶対に出ます。

「先生、小数はどこにつけるんでしたっけ?」

小数のたし算と小数のかけ算でごっちゃになってしまうみたいです。

たし算の時はこう!かけ算の時はこう!ではダメです。

ちゃんと理由を教えれば、子どももできるようになります。

小数のかけ算の筆算は整数に直して計算している

5.7×3.2 で計算してみましょう。

両方とも整数に直すには、それぞれ10倍する。

【5.7×10=57】 【3.2×10=32】

そうすると、57×32になります。

57×32=1824

でもこのままではいけません。整数にした分を戻さないといけません。

それぞれ10倍したので、合計100倍(×100)したことになります。

なので、答えに÷100をすれば、元に戻せます。

1824÷100=18.24

これが答えになります。

整数に直す方法を筆算でも使っている

学校で教わる筆算も、この整数に直す方法を使っているのです。

筆算を書く

小数点を右に動かす(これはそれぞれ10倍していることと同じ)

計算して答えを出す

小数点を動かした分だけ、答えの小数点を左に動かす(÷100していることと同じ)

このように、なぜそのような計算になるか教えてあげれば、「どこに小数点付けるんだっけ?」という疑問は減るはずです。

ぜひ参考にしてください。

できる子ども育成塾は、江戸川区小岩にある小学生の国語と算数に特化した学習塾です。
江戸川区小岩以外からも、新小岩・篠崎・瑞江・一之江・市川・本八幡にお住まいの方も通われています。

下のお問合せフォームよりお問合せください。
お急ぎの方は、こちらにご連絡ください。080-7278-1025

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  1. 【距離と道のりの違い・意味】小学3年生算数の問題で出てくる

  2. 【11×109】工夫して計算 4・5・6年生

  3. 四捨五入して【上から1桁(2桁)の概数】にするやり方

  4. わり算の筆算 書き方(書き順)を覚えよう

  5. 台形と平行四辺形の定義(ちがい)

  6. 【速さ(時間)-小6】分数で表されている時間の直し方

  7. 円の面積の求め方(公式)の理由を小学生に教える方法

  8. 【イメージする力が必要】算数文章問題の解き方

  9. 分数と小数の比べ方(直し方/変換)- 教え方-計算方法

  10. 分度器で角度を測った後に、定規で図形を描く時の注意点

  11. 分数の掛け算は、なぜ分母同士・分子同士を書けるの?

  12. 1Lは何cm3(平方センチメートル)?