【小学生】最小公倍数の簡単な求め方

「最小公倍数」は小学5年生で学習します。

そもそも、「最小公倍数」って何だっけ?

という方のために最小公倍数について説明します。

最小公倍数とは、共通する倍数の中で一番小さい倍数のことです!

例:4と6の最小公倍数は?

4の倍数→4、8、12、16、20、24・・・・

6の倍数→6、12、18、24、30・・・

それぞれの倍数で共通している数で一番小さいのは12

答え 12

このように、小学校の学校の教科書では、書き出して求めるやり方を教えています。

ですが、このやり方だと時間が掛かってしまいます。

ですので今回は、最小公倍数を簡単に求める方法について紹介していきます。

文章を読むのが面倒くさい!という方は、こちらの動画をご覧ください↓

目次

最小公倍数の簡単な求め方は割り算を使っていく!

最小公倍数を簡単に求めるには割り算を使っていきます。

では、どのようにやるか、8と12の最小公倍数を求めるという例題を使って説明していきます。

①8と12を両方とも割り切れる数を探す

8と12は両方ともいくつで割り切れるでしょうか?

2か4で割り切れますよね。

今回は4を使うことにします。(あとで2を使う方法も説明していきます。)

②8と12を4で割る

8と12を4で割りましょう。

8÷4=2

12÷4=3

ですよね。

この時に、下の写真のように、

割り算の筆算を逆さまにしたような形で計算を書いてください。

このように、下に答えを書きます。

そして、その答え同士が1でしか割り切れない場合は、ここで割り算はストップです。

もし、1より大きい数で割れる場合は、もう一度割り算を行ってください。

この部分の意味が分からない場合は、下の方に書いてある、

「最初に2で割るとどうなるのか?」

のところを読むと意味がわかると思います。

③L字に並んでいる数字を全てかける

割り算の筆算を逆さまにしたような形で計算をしたら、

わる数と答えをかけてください。

つまり、L字に並んでいる数字を全てかけるということです。

今回だと下の写真のように、4×2×3をしてください。

④L字でかけて出た答えが最小公倍数

これで最小公倍数は出ました!

なんと、L字でかけて出た答えが最小公倍数なのです!

つまり、8と12の最小公倍数は24ということです。

最初に2で割るとどうなるのか?

8と12の最小公倍数の簡単な求め方の手順をおさらいすると、

①8と12を両方とも割り切れる数を探す→2と4

②8と12を4で割る

③L字に並んでいる数字を全てかける

④L字でかけて出た答えが最小公倍数

でしたよね。

では、

①8と12を両方とも割り切れる数を探す→2と4

②8と12を2で割る

というように、②のところで2を使うとどうなるのか説明していきます。

2で割ると、

8÷2=4

12÷2=6

このようになりますよね。

答えの4と6は、1より大きい数=2で両方とも割ることができるので、

その場合は、再度割り算を行ってください。

4÷2=2

6÷2=3

2と3は1でしか割り切れないので、割り算はここでストップ。

最後にL字でかけると最小公倍数が出ます。

このように、最初にどんな数字で割っても、割り続ければ最小公倍数は出せますので、

思いついた数字で割っていくのがよいと思います。

【大人気】塾長のYouTubeチャンネル『慶太の学校』

できる子ども育成塾の塾長が運営しているYouTubeチャンネル

この記事は「できる子ども育成塾」の塾長が書いています。
できる子ども育成塾は、江戸川区小岩にある元小学校教師が教える個別指導塾です。

入塾について、その他のご質問などは、下のお問合せフォームよりお送りください。
お電話でのお問い合わせをご希望の方は、こちらにご連絡ください。
080-7278-1025


    この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

    1. 三角形の外の角度の求め方

    2. 円の面積の求め方(公式)の理由を小学生に教える方法

    3. 【4年生】計算のきまり

    4. 【小5算数】単位量あたりの大きさ(人口密度)どちらが混んでい…

    5. 【小学生】逆算のやり方(□を求める計算)

    6. 小数のかけ算の筆算の時の小数点の位置

    7. 【あまりの小数点の位置】小数のわり算

    8. 五角形の中の合計角度は何度?

    9. 分度器で角度を測った後に、定規で図形を描く時の注意点

    10. 分数と小数の比べ方(直し方/変換)- 教え方-計算方法

    11. 【11×109】工夫して計算 4・5・6年生

    12. なぜ平行四辺形の面積は【底辺×高さ】なのか?