分度器で角度を測った後に、定規で図形を描く時の注意点

4年生の算数で分度器で角度を測ったあとに、三角形を描きますよね。

多くの小学生を見ていて、

「え?そうやって定規使ってるの?」

と思ったことがありましたので、みなさんにお伝えしたいと思います。

定規で線を引く時は、定規の真ん中あたりを使う!

小学生は素直です。

なので、定規は端から使うと一度教わると、なんの迷いもなくその使い方をやり続けます。

定規の端を使って図形を描くと、図形の角が丸まってしまいます。

そうなると、テストで✕になることがありますので、

一度お子様の定規の使い方をチェックしてあげてください。

【大人気】無料YouTubeオンライン授業

できる子ども育成塾は、江戸川区小岩にある小学生の国語と算数に特化した学習塾です。
江戸川区小岩以外からも、新小岩・篠崎・瑞江・一之江・市川・本八幡にお住まいの方も通われています。

下のお問合せフォームよりお問合せください。
お急ぎの方は、こちらにご連絡ください。080-7278-1025

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  1. 円の面積の求め方(公式)の理由を小学生に教える方法

  2. わり算の筆算 書き方(書き順)を覚えよう

  3. 【イメージする力が必要】算数文章問題の解き方

  4. 【距離と道のりの違い・意味】小学3年生算数の問題で出てくる

  5. 台形と平行四辺形の定義(ちがい)

  6. 四捨五入して【上から1桁(2桁)の概数】にするやり方

  7. 小数の割り算の筆算-教え方・やり方-なぜ小数を動かすのか

  8. 【縮図の求め方-小6】地図などで実際の距離を計算する方法

  9. 小学生算数 分度器の角度と目盛りの読み方・使い方

  10. 算数の文章問題が苦手な小学生のための教え方-動画説明あり

  11. 分数の掛け算は、なぜ分母同士・分子同士を書けるの?

  12. 分度器 180 度 以上 書き方・はかり方