小学生算数 分度器の角度と目盛りの読み方・使い方

小学生の算数で4年生になると、分度器を使うようになります。

角度や目盛りの読み方、分度器の使い方をしっかり身につけておくことが重要です。

「これで、分度器を使いこなせることができる!」

いや、そんなことはありません。

むしろ、最近は6年生になっても分度器をうまく使えない子が増えてきています。

なぜなら、分度器を使うところの勉強は、学校であっという間に終わってしまって、その後は使える前提で授業が進んでいくからです。

実は、子どもが理解しないまま学校の授業が終わってしまった。という方のために、使い方をおさらいしていきます。

分度器の読み方【1直角=90度】
これは、絶対に覚える

学校の教科書でも、分度器を使う前に、直角の復習をしています。

つまり、分度器を使う上で、直角が重要!だということです。

ちなみに、教科書では、このように説明しています。

1直角(90度のこと)

2直角(180度のこと=半回転)

3直角(270度のこと=半回転+1直角)

4直角(360度のこと=1回転)

この中で、【1直角=90度】これは必ず覚えましょう!

これを覚えないと、角度の大きい・小さいの感覚が分からなくなります。

分度器の使い方1
分度器に中心と辺を合わせる

これは、超基本的なことです。

分度器の中心と角の頂点を合わせます。

そして、分度器の辺と角の辺を合わせましょう。

分度器の 使い方2
0度の線に合わせた方のめもりを読む

これが、意外に忘れられているところ。

「分度器のめもり、どっちを読むの?」

この質問多いですよね。

でも、子どもとしては当たり前の疑問。

だって、2つめもりが書いてあるから。

そりゃ、大人だって混乱しますよ。

でも、分度器にはルールがあります。

それは、簡単。

0度に合わせた方のめもりを読む!

そうすると、だいたい赤か黒のどっちかで0度が書かれているので、あとは0度の色と同じ色の角度を見るだけ!

そうすれば、間違えません。

さらに間違えないために【1直角=90度】この形を覚える

それでも、間違えてしまう子には、

理論ではなく、視覚で覚えさせましょう!

分度器で、70度と110度は同じ位置にあります。

「70度なの?110度なの?どっちかわからない!」

大丈夫です。

70は90より小さい

110は90より大きい

これがわかればできます。

70度は90度より小さいから、とがる。

110度は90度より大きいから広がる。

視覚で伝えれば、理解できる子もいますので、ぜひやってみてください!

まとめ

  1. 【1直角=90度】を覚える
  2. 分度器に中心と辺を合わせる
  3. 0度の線に合わせた方のめもりを読む
  4. 【1直角=90度】の形を覚えて、視覚で教える

お子様が分度器の勉強でわからなければ、ぜひ使ってやってみてください。

【大人気】無料YouTubeオンライン授業

できる子ども育成塾は、江戸川区小岩にある小学生の国語と算数に特化した学習塾です。
江戸川区小岩以外からも、新小岩・篠崎・瑞江・一之江・市川・本八幡にお住まいの方も通われています。

下のお問合せフォームよりお問合せください。
お急ぎの方は、こちらにご連絡ください。080-7278-1025

    この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

    1. 【11×109】工夫して計算 4・5・6年生

    2. 【縮図の求め方-小6】地図などで実際の距離を計算する方法

    3. 分度器で角度を測った後に、定規で図形を描く時の注意点

    4. 【小学生4年生教え方】小数のかけ算の小数点の位置

    5. 円の面積の求め方(公式)の理由を小学生に教える方法

    6. 【距離と道のりの違い・意味】小学3年生算数の問題で出てくる

    7. 分数の表し方

    8. わり算の筆算 書き方(書き順)を覚えよう

    9. 台形と平行四辺形の定義(ちがい)

    10. 小数の割り算の筆算-教え方・やり方-なぜ小数を動かすのか

    11. 分度器 180 度 以上 書き方・はかり方

    12. 1Lは何cm3(立方センチメートル)?