1Lは何cm3(立方センチメートル)?

1L=何cm3?

これを覚えている方は少ないと思います。

これは5年生の算数の体積の勉強で習うのですが、

一瞬しか勉強しないので、だいたいの子が分からないままになってしまいます。

すぐに答えを知りたい方のために、先に答えを書くと、

1L=1000cm3(立方センチメートル)

です!

では、なぜ1L=1000cm3(立方センチメートル)になるのか説明していきます。

目次

1mL=1cm3(立方センチメートル)これを覚える!

まずは、L(リットル)とcm3(立方センチメートル)の関係を覚えないといけません。

どんな関係かというと、

1mL(ミリリットル)=1cm3(立方センチメートル)

このような関係です。

これは暗記するしかありません。

とにかく覚えましょう!

単位には意味がある!

この画像に書いてあるように、

実は、単位には意味があります。

どのような意味があるかというと、

m(ミリ)1000分の1倍

c(センチ)100分の1倍

d(デシ)10分の1倍

da(デカ)10倍

h(ヘクト)100倍

k(キロ)1000倍

このように、単位には意味があります。

基準の単位があり、それに上記の単位が付くことで大きさが変わります。

例えば、L(リットル)で説明すると、

1L←これが基準の単位

これにm(ミリ)を付けると1000分の1になるので、

1L=1000mL

になるということです。

なぜ、1L=1000cm3になるのか?

始めに、L(リットル)とcm3(立方センチメートル)の関係を書きましたよね。

1mL(ミリリットル)=1cm3(立方センチメートル)

でしたね。

つまり、mL=cm3になるということです。

そして、先程書きましたが、

1L=1000mL(ミリリットル)なので、

まとめると、

1L=1000mL=1000cm3

になるということです!

体積の勉強をしている方は、こちらの動画がオススメ

このブログの筆者である、元小学校教師がYouTubeで授業動画をアップしています!

算数の勉強にお困りの方は、ぜひご覧ください!

よく読まれている記事

【大人気】塾長のYouTubeチャンネル『慶太の学校』

できる子ども育成塾の塾長が運営しているYouTubeチャンネル

この記事は「できる子ども育成塾」の塾長が書いています。
できる子ども育成塾は、江戸川区小岩にある元小学校教師が教える個別指導塾です。

入塾について、その他のご質問などは、下のお問合せフォームよりお送りください。
お電話でのお問い合わせをご希望の方は、こちらにご連絡ください。
080-7278-1025


    この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

    1. 分数と小数の比べ方(直し方/変換)- 教え方-計算方法

    2. 算数の文章問題が苦手な小学生のための教え方-動画説明あり

    3. 五角形の中の合計角度は何度?

    4. 【小学生算数】分度器の角度と目盛りの読み方・使い方

    5. 【あまりの小数点の位置】小数のわり算

    6. わり算の筆算 書き方(書き順)を覚えよう

    7. 分数の掛け算は、なぜ分母同士・分子同士を書けるの?

    8. 小学生向け-逆算のやり方【割り算】□を求める計算

    9. 小数の割り算の筆算-教え方・やり方-なぜ小数を動かすのか

    10. 【小学生4年生教え方】小数のかけ算の小数点の位置

    11. 【小3わり算】2桁÷1桁の教え方

    12. 【4年生】計算のきまり