【花を見つける手がかり】授業に使える、教科書の意味調べ

子どもは案外、言葉の意味を知らない!

文章を読むのが苦手な理由は、言葉の意味を知らないからかもしれません。

学校は、どんどん授業を進めていかなくてはいけないので、細かく意味を教えている時間がありません。

明らかに難しそうな言葉は教えますが、これはさすがに知っているなって言葉は教えません。

でも、さすがに知っていると思っていた言葉の中に、実は意味の分からないものがあるのです!

「子どもは教えられていないことは、できない・知らない」

子どもを教える・育てる立場の人は、この言葉を頭の片隅に置いておくとよいです。

ということで、教科書に出てくる文章の中で、案外子どもが知らなそうな言葉の意味を書いておきます。

4年生「花を見つける手がかり」意味調べ

すじみち・・・順序

たどる・・・何かに沿って進む

手がかり・・・きっかけ

大がかり・・・多くの人やお金を使うこと

ぎもん・・・わからないこと

必要・・・ぜったいにいること

放す・・・自由にする

記録・・・あとのために、のこすこと

観察・・・よく見ること

種類・・・同じもので、色や形のちがいで分けたもの

いっせい・・・たくさんのものがそろうこと

たちまち・・・すぐに

造花・・・紙や布などで作られた花

最も・・・他のものとくらべて一番

語る・・・放す

仕組み・・・作られ方

4年生国語の教科書に出てくる物語の意味調べシリーズは、

「一つの花」もあります。

できる子ども育成塾には、江戸川区小岩以外からも、新小岩・篠崎・瑞江・一之江・市川・本八幡にお住まいの方も通われています。

何か学習についてお困りのことがあれば、気軽にお問い合わせください。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  1. 【一つの花】意味調べ-4年生国語

  2. 【川とノリオ】あらすじにも使える教科書の意味調べ

  3. できる子ども育成塾 江戸川区 小岩 篠崎 小学生 小学校 塾 国語 算数 苦手 復習 元小学校教師 元先生 個別指導 少人数指導

    読書感想文(国語)小学生【始め 中 終わり】の使い方

  4. 読書感想文のための作文用紙の使い方・書き方-かぎかっこなど

  5. 漢字の音読みと訓読みの違いを簡単に説明します

無料学習相談会

無料学習相談会

体育家庭教師TOMOSPO

体育家庭教師TOMOSPO