【川とノリオ】あらすじにも使える教科書の意味調べ

小学6年生の教科書に出てくる物語

川とノリオは、戦争中のお話です。

あらすじ

ノリオという少年は、生まれたときから生活に川が関わっていた。

赤ちゃんの時は、川で洗濯するお母さんおんぶされる。

子どもの時は、川で遊んで、溺れかけてお母さんに叱られる。

どんな時でも、川はノリオを見ていた。

そんなある日、お父さんは戦争に行ってしまう。

家の近くには、戦闘機B29が飛んでくるので、防空壕に避難する生活。

またある日、お母さんは広島に行ってしまう。

そして、広島に爆弾が落とされた。

お父さんもお母さんも戦争で死んでしまう。

そして、ノリオはおじいちゃんの子どもになった。

そんな生活になっても、ノリオの近くには川があり、川はノリオ見ている。

ノリオがどんな状況になっても、川は変わらず流れている。

というお話です。

教科書に出てくる言葉の意味調べ

一筋・・・1本の細長いもの

絶え間・・・とぎれている間

せわしく・・・いそがしく

いっとき・・・わずかな時間

不意・・・とつぜん

穴倉・・・地面をほってつくった、物などをしまっておく所

筋・・・細長いものの数え方

幾・・・数が多いこと

しげみ・・・草や木がたくさんはえている所

干し草・・・動物のえさにするための、干してかわかした草

草いきれ・・・夏に草むらから出る、むっとするような熱い空気

できる子ども育成塾には、江戸川区小岩以外からも、新小岩・篠崎・瑞江・一之江・市川・本八幡にお住まいの方も通われています。

何か学習についてお困りのことがあれば、気軽にお問い合わせください。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  1. できる子ども育成塾 東京 江戸川区 小岩 新小岩 篠崎 瑞江 一之江 市川 本八幡 小学生 塾 国語 算数 苦手 復習塾 元小学校教師 個別指導 少人数指導 読書感想文 読書感想文教室 書き方 講座

    読書感想文-小学生【はじめ 中 終わり】はやめよう

  2. 【花を見つける手がかり】授業に使える、教科書の意味調べ

  3. 漢字の音読みと訓読みの違いを簡単に説明します

  4. 読書感想文のための作文用紙の使い方・書き方-かぎかっこなど

元小学校教師が教える-読書感想文講座

元小学校教師が教える-読書感想文講座

無料学習相談会

無料学習相談会

体育家庭教師TOMOSPO

体育家庭教師TOMOSPO