算数の文章問題が苦手な小学生のための教え方-動画説明あり

計算はできるけど、文章問題になるとできない。

こんな子どもが多くいます。

私も小学校の先生をしていた頃、そのような子どもをたくさん見てきました。

そんな文章問題が苦手な子どものために、文章問題から式を導くまでのわかりやすい方法をお伝えします。

子どもは勉強している単元名に影響される

4年生の「わり算」を例にお話しします。

学校で「わり算」を勉強していると、子どもはどんな問題でも「わり算」で解けると思いがちです。

とにかく「わり算」でやれば、できるんでしょ。

子どもは心の中で、こう思っています。

確かに、だいたいの文章問題は「わり算」で解けるようになっています。

しかし、中には「わり算」ではなく、「かけ算」で解ける問題も出てきます。

そういう時に、きちんと文章問題を理解していないと、解くことができません。

文章問題を絵に描かせる

絵はヘタでOK!

とにかく絵を描かせましょう!

絵に描くことで、問題文の内容をイメージしやすくなり、式を求めやすくなります。

また、文章問題を絵に描かせることで、どこが分かっていて、どこが分かっていないのか確かめることもできます。

4年生の「わり算」の実際の文章問題

4年生の「わり算」の勉強で、このような問題があります。

【問題】
子どものキリンの身長は180cmで、親のキリンの身長は、子どものキリンの身長の3倍です。親のキリンの身長は何cmですか?

この問題を絵で描かないと、子どもは「わり算」で解けると思い込んでいるから、

180÷3=60 答え60cm

ってだいたいの子は書きます。

でも、違いますよね。まず、大人のキリンが60cm訳がない。(笑)

でも、そんなこと子どもは気づきません!

こうならないために、絵を描かせましょう。

実際に絵を描いてみました!こんなヘタな絵でOKです!

「これキリン?」って、笑わないでくださいね。(笑)

このように絵を描くことで、式を導くことができます。

絵と矢印通りに式を書けばよいので、

180×3=540 答え540cm

「わり算」の単元で出てくる文章問題なのに、かけ算で答えが求められる。

このような問題の時に、文章問題を絵に描く方法が有効になります。

初めは、大人が教えながら絵を描かせれば、そのうち子ども一人で出来るようになります。

ちなみに、「できる子ども育成塾」に通っている子には、繰り返し取り組ませているので、

このように、一人で絵を描いて、式を導くことができます。

ちなみにこの絵は、犬を描いています。このくらいサクッと描いて構いません。

まとめ

  • 子どもは勉強している単元名に影響される
  • だから文章問題を絵に描かせる
  • 絵に描くと、文章問題の場面をイメージしやすくなる
  • 絵はヘタでOK!
  • 絵から式を導く

できる子ども育成塾には、江戸川区小岩以外からも、新小岩・篠崎・瑞江・一之江・市川・本八幡にお住まいの方も通われています。

何か学習についてお困りのことがあれば、気軽にお問い合わせください。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  1. わり算の筆算 書き方(書き順)を覚えよう

  2. 【縮図の求め方-小6】地図などで実際の距離を計算する方法

  3. 分数の掛け算は、なぜ分母同士・分子同士を書けるの?

  4. 【イメージする力が必要】算数文章問題の解き方

  5. 小数のかけ算の筆算の時の小数点の位置

  6. 分度器で角度を測った後に、定規で図形を描く時の注意点

  7. 小数の割り算の筆算-教え方・やり方-なぜ小数を動かすのか

  8. 小学生算数 分度器の角度と目盛りの読み方・使い方

  9. 分度器 180 度 以上 書き方・はかり方

  10. 1Lは何cm3(平方センチメートル)?

  11. 円の面積の求め方(公式)の理由を小学生に教える方法

  12. 距離(きょり)と道のりの違い、小学3年生算数に出てくる道のり…

無料学習相談会

無料学習相談会

体育家庭教師TOMOSPO

体育家庭教師TOMOSPO