【11×109】工夫して計算 4・5・6年生

11×109を暗算できますか?

4年生の算数で工夫して計算するという勉強をします。

この11×109は筆算をしなくても、工夫して計算することで答えを出すことができます。

今回は、このような計算を工夫して計算することで、筆算をしなくても答えを出すやり方について説明していきます。

【11×109】工夫して計算するやり方 ①ちょうどよい数と端数に分ける

11×109を工夫して計算するやり方は、

11か109のどちらかを、ちょうどよい数と端数(あまった数)に分けると簡単になります。

どういうことかというと、

今回は、109を分けて考えてみますね。

109を100と9に分ける

そうすると、

11×(100+9)

になりますね。

【11×109】工夫して計算するやり方 ②分配してかけ算をする

次にやることは、分配してかけ算することです。

かけ算の計算で「分配法則」というものがあります。

これ覚えていますか?

〇×(▢+△)=〇×▢+〇+△

中学校の時に勉強したなって方が多くいると思いますが、

これは4年生で勉強します(笑)

この分配法則を使います。

 11×109

=11×(100×9)
=11×100+11×9

=1100+99
=1199

こうすると、計算が簡単になりますよね。

この式で分かりにくい方は、次の写真のようにすると分かりやすいかもしれません。

 11×109
=11×(100×9)

①11×100=1100
②11×9=99

 1100+99
=1199

このように工夫して計算すると、筆算しなくても暗算で答えを出すことができます。

【11×109】工夫して計算するやり方 11を分けてもできる

今までは、109を分けて工夫して計算しましたが、

11を分けて工夫して計算することもできます。

説明すると、

11×109

11を10と1に分ける

 11×109
=(10+1)×109

になります。

かけ算の分配法則

(▢+△)×〇=〇×▢+〇+△

を使うと、

 11×109
=(10+1)×109

=10×109+1×109

=1090+109
=1199

もっと分かりやすい式にすると、

 11×109
=(10+1)×109

①10×109=1090
②1×109=109

 1090+109
=1199

このように11を分けて工夫して計算しても答えを求めることができます。

でも、こっちのやり方だと全ての位に数字があるので、

足し算をする時、ごちゃごちゃになる可能性があります。

なので、109を分ける方が簡単にできるので、オススメです。

まとめ

【11×109】工夫して計算するやり方

  1. ちょうどよい数と端数に分ける
  2. 分配してかけ算をする
  3. かけ算の答えを足す

かけ算は、どちらかの数を分解しても計算ができる!

よく読まれている記事

【大人気】無料YouTubeオンライン授業

できる子ども育成塾は、江戸川区小岩にある小学生の国語と算数に特化した学習塾です。
江戸川区小岩以外からも、新小岩・篠崎・瑞江・一之江・市川・本八幡にお住まいの方も通われています。

下のお問合せフォームよりお問合せください。
お急ぎの方は、こちらにご連絡ください。080-7278-1025

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  1. 小学生算数 分度器の角度と目盛りの読み方・使い方

  2. 算数の文章問題が苦手な小学生のための教え方-動画説明あり

  3. わり算の筆算 書き方(書き順)を覚えよう

  4. 台形と平行四辺形の定義(ちがい)

  5. 【イメージする力が必要】算数文章問題の解き方

  6. 1Lは何cm3(平方センチメートル)?

  7. 【速さ(時間)-小6】分数で表されている時間の直し方

  8. 分数の掛け算は、なぜ分母同士・分子同士を書けるの?

  9. 分度器 180 度 以上 書き方・はかり方

  10. 円の面積の求め方(公式)の理由を小学生に教える方法

  11. 分度器で角度を測った後に、定規で図形を描く時の注意点

  12. 小数の割り算の筆算-教え方・やり方-なぜ小数を動かすのか