【小学生4年生教え方】小数のかけ算の小数点の位置

小学生4年生の【小数のかけ算】を教える時に、

答えの小数点の位置を正しく教えられていますか?

多くの方が間違って教えているので、

今回は、小数のかけ算の正しい小数点の位置について説明していきます。

小数のかけ算の小数点の位置の間違えた教え方

小学生4年生の小数のかけ算は、

小数×整数

の計算です。

今回は、3.7×4を例に説明していきます。

 3.7
×  4
――――

このように筆算を書きますよね。

ここで間違えた教え方は、3.7の小数点の位置からそのまま下ろして小数点をつける方法です。

そのまま小数点を下ろす教え方がダメな理由

なぜ、小数のかけ算の小数点の位置で、

そのまま小数点を下ろす教え方がダメなのかというと、

小学生5年生の小数のかけ算で、この方法が使えないからです!

小学生5年生の小数のかけ算は、

小数×小数

を勉強します。

例えば、2.35×5.6だと、

 2.35
× 5.6
―――――

このように筆算を書きますよね。

小数点を下ろす教え方だと、

2.35の小数点の位置に合わせるのか

5.6の小数点の位置に合わせるのか

どっちか分かりませんよね?

だから、そのまま小数点を下ろす教え方はダメなのです!

この筆算の小数点の位置の正しい位置はこの記事をお読みください。

小数のかけ算の小数点の位置の正しい教え方

小学生4年生の小数のかけ算の問題に戻りましょう。

問題は、3.7×4でしたよね。

小数のかけ算の計算の正しいやり方は、

小数を整数に直す!

ということです。

つまり、3.7を整数に直して計算するということです。

どうやって整数にするかというと、

3.7に×10(10倍)する方法です。

そうすると、

3.7×4→37×4

になりますよね。それを計算すると、

37×4=148

になります。

そして、計算のきまりで、計算前に×10(10倍)したら、答えは÷10しないといけないので、

148÷10をします。

そうすると、14.8

だから、3.7×4=14.8

になるということ。

つまり、正しい教え方は、

3.7に×10して整数にしてから計算したから、答えを÷10する

という教え方です!

この計算方法をしっかり理解していれば、

小学生5年生にの小数のかけ算の計算【小数×小数】

2.35×5.6

でも、どこに小数点を付ければ良いか分かりますよね!

【大人気】無料YouTubeオンライン授業

できる子ども育成塾は、江戸川区小岩にある小学生の国語と算数に特化した学習塾です。
江戸川区小岩以外からも、新小岩・篠崎・瑞江・一之江・市川・本八幡にお住まいの方も通われています。

下のお問合せフォームよりお問合せください。
お急ぎの方は、こちらにご連絡ください。080-7278-1025

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  1. 分度器で角度を測った後に、定規で図形を描く時の注意点

  2. 小数の割り算の筆算-教え方・やり方-なぜ小数を動かすのか

  3. 小数のかけ算の筆算の時の小数点の位置

  4. 台形と平行四辺形の定義(ちがい)

  5. 1Lは何cm3(平方センチメートル)?

  6. 【縮図の求め方-小6】地図などで実際の距離を計算する方法

  7. 【速さ(時間)-小6】分数で表されている時間の直し方

  8. 【距離と道のりの違い・意味】小学3年生算数の問題で出てくる

  9. 円の面積の求め方(公式)の理由を小学生に教える方法

  10. 四捨五入して【上から1桁(2桁)の概数】にするやり方

  11. 【小5算数】単位量あたりの大きさ(人口密度)どちらが混んでい…

  12. 分度器 180 度 以上 書き方・はかり方